みんな風俗の虜

誰の影響なのかといえばやっぱり…

風俗でここまで巨乳が好きなのは、きっとこれまでの女性遍歴だと思うんですよね。というのも、決して狙った訳ではないんですけどこれまで付き合った女の子は全員微乳だったんですよ(苦笑)繰り返しますけど、狙った訳じゃないんです。気付いたら微乳の恋人になっていたんです。だからか、巨乳という存在そのものに対して自分の思いが爆発したんじゃないかなって思うんですよね(笑)もっといろいろな気持ちで楽しみたいって思うし、それにこれまで味わったことがないボディをって思ったら、自然と巨乳風俗嬢に目が行くようになっていて、そしていつも風俗では巨乳を選ぶようになっていたんです。これは自分でも本当に不思議な気持ちというか、初めはその心理が分からず、無意識で巨乳風俗嬢ばかりを指名していたんですけど、最近ではその心理も分かるようになってきました(笑)自分自身の歴史からくる、ないものねだりだったのかなって。それで自分も納得で来たんですよ(笑)

全然飽きないのは風俗だけですよ、自分

飽きっぽいとかではないんですけど、さすがにこれだけ長い間お世話になっているサービスは風俗だけですね(笑)他は大抵飽きてくるものなんですよ。次第に「もういいかな」と思ったり、あるいはそういった気持ちにならず、気付いたらフェードアウトしているケースも珍しくないんです。それなのにです。風俗だけは何度足を運んでも全然飽きないんだから不思議ですよね。きっと自分なりに風俗に対していろいろな思いがあるからこそなんじゃないかなって思いますよね。むしろ風俗があるからこそ、他に対しての愛着が湧かないって可能性もあります(笑)だって風俗さえあればそれで十分じゃないですか。それに、どうしても天秤にかけちゃいますよね。何かしようかなって思っても「それは風俗と比べてどうなのか」という価値観が出ちゃうんですよ。そうすると、風俗より良いって思えるようなものがそこまでないだけに、じゃあ風俗でいいかなってなっちゃうんですよね。