みんな風俗の虜

縛られて気付いたことがある

風俗で縛られてきました。正直、そこまで変わるものじゃないだろうって。だから別に何ともないだろうって思っていたんですけど、実際にはそうでもないというか、むしろ腕が動かないことに対して自分の意識がかなりそっちに行ってしまったんですよね。これが本当に意外というか、自分では全然そんなつもりはなくとも、こっちの気持ちは全然違うっていうか、まさかそこまでいろいろな気持ちにさせられるとは思っていなかったんですよ。だってあそこまで興奮することになるとは思わないじゃないです。自分は普通に楽しむくらいで十分だろうって思っていたんですけど、全然違う感覚なんですよ。そこに個人的に大きな興奮が隠されていたんじゃないかなって。むしろそれによって、自分なりに価値観が広がったような気がするんですよね。こういったプレイも風俗でありなんだなって。だから尚更、印象深いプレイを楽しむことが出来たんじゃないかなって思いますけどね。

男として満足出来たあの日のソープ

ソープに行ってきましたけど、やはりいいものだなって。他にもいろいろな風俗があるので、自分もソープ以外の物を楽しむことも増えているんですけど、ソープに行くと、「やっぱり風俗といえばソープだな」という気持ちにさせられるんです。どんな女の子であれ、こちらに対しての配慮が出来ています。そこら辺、他の風俗との違いですかね。おもてなしという点ではソープは文句なしだと思うんですけど、それだけじゃないのもまた、事実ですよね。ソープって男として満足出来ると思うんですよ。他の風俗だと、フィニッシュは男は受け身になっちゃうじゃないですか。でもソープだけは自分から快感に迎えるんです。女の子次第ではなく、むしろ自分次第。快感のイニシアチブを握っているのは男なんですよね。男としてフィニッシュすることにより、終わりを迎えるんです。女の子に抜いてもらってのフィニッシュじゃないんですよね。そこにソープの良さがあるんじゃないかなって。